FC2ブログ

DAエンジン修理講習

少し遅くなってしまいました。
年度末で行政区長なんて仰せつかっちゃってるもんだから何かと呼び出しやら、会合やらと多く、しかも駆け込みで補助金の申請なんかもあったりしてアップできないでいました。(と、言い訳をしておきます)

6日にRC DEPOTさんに出向いてDAエンジンのリペア講習を受けてきました。
いきなりお客様のエンジンを題材にするわけにもいかないし、何も対象が無いと講習にならないと考えて、自前のDA150を持っていきました。
もう6年前に購入したエンジンですが、コニーさん曰く「修理講習の題材としてはうってつけ。」とのことで、丸森さんの指導の下、まずは全てをバラバラにしました。
まあ、言うても2ストガソリンエンジン、そうは構造的にも複雑なものではありません。しかし、バラしていくにも細心の注意を払って交換の必要のあるパーツ以外に傷つけたりしないように慎重に事を進めます。
特にこのDAエンジンはその精度を高める為にバラすにも組み立てるにもコツとポイントがあります。
そこを今回は特別に伝授していただくわけです。

企業秘密?なのでここでは詳しく書くことは避けますが、とにかく触れば触るほど今まで扱ってきたチャイナエンジンが稚拙な物に感じられてきました。
しかも未だに日々進化を考えて商品開発にも手を抜いていないということも感じられましたね。

で、無事に組み立て終えて、試験運転も終了して満足顔のプレシャスです。
28576064_846965605476596_976799088001690567_n.jpg

アメリカ本国以外で修理を認められてるのは3カ国のみとの事。
その中にもちろんRC DEPOTさんは入られてるわけですが、不肖私めもその役の一端を担う事になり、責任を感じながらも、一員になれたことを喜ばしく思っております。

コニーさん、丸森さん。お忙しい中、一日講習にお付き合いいただいて本当にありがとうございました。
これで全てが出来るわけではないかとは思いますが、これからもご教授くださいますようお願いいたします。

まだまだコニーさんや丸森さんのようにチャっチャッとやるわけにはいきませんが、そこは時間をかけても丁寧な作業をお約束いたします。

でも、さあ、帰って来てすぐに修理開始とはなりません。最低限の機械、工具などは揃えなければいけません。
一部ですが私の本気度を表現する為にアップしますね。

まずはベアリング抜きには欠かせないプレス
CIMG5160.jpg

キャブの掃除に不可欠なケルヒャー。吹き出し口にちょっと加工を施してさらに高圧がかかるようにしてあります。
CIMG5161.jpg

ベアリングの組み込みに必要なヒーター
CIMG5162.jpg

火傷しないように溶接用手袋
CIMG5163.jpg

ハブの取り外しやベアリングを外す為の工具
CIMG5164.jpg

まだ、足りない物がありますが仲間のこまっちゃんにお願いして作ってもらってます。

いきなり、ハイどうぞ!って修理依頼をかけるのもちょっとなあ、、、という方も多いかとは思いますが、そこはきちんと、もし手に負えないような状況が見えましたら、すぐに本店に応援を願い対応することにしますので、
まずはご依頼くださいね。
基本、DEPOTさんでの修理も同様ですが、お客様からいただくのは交換必要なパーツ代のみで修理工賃はいただきません。

おうちに古いDAエンジン眠っていませんか?
よっぽどでない限り生き返りますよ。(よっぽどとは新品買った方が安い場合とかですな)

よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
ラジコン飛行機専門ショップ  Precious Modelです。    「良い物をお手頃で」をモットーに全国のサンデーフライヤーの心強いパートナーになれるようがんばります。

preciousmodel

Author:preciousmodel
みんなでアクロ三昧!楽しみましょう!

ショップ入り口
バナーをクリック
ショップ営業日カレンダー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンヘリ・飛行機へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新トラックバック