FC2ブログ

プレシャスカップ エキスパートクラス

昨日はちょっと本業の関係で忙殺され、家に帰ってからと思ったんですが夕食時に晩酌やって良い気持ちになってしまい、酔っ払い状態では正確な記事は無理と思い、持ち越しさせていただきました。
楽しみにしていた方、大変失礼しました。

それでは、と、その前に競技の進行を言っていませんでしたね。スポーツマンをまとめちゃったんで順序が良く分かりませんね。

競技は午前中にスポーツマン エキスパート共に1ラウンドを行い、午後から両クラス共2ラウンド目を行いました。
演技としては基本フリー演技。スポーツマンは3分。エキスパートは4分の構成です。
その中にスポーツマンは3種目。エキスパートは4種目の規定演技を組み入れてもらいます。
採点は演技総合50点満点、規定演技が各種目10点満点の減点方式です。

エキスパートクラスは事実上の日本選手権並みの選手たちが勢揃い。でも、私が一番嬉しかったのは、スポーツマンクラスに9名もの選手がエントリーしてくれたことでした。
下は4年生から上は6?才まで幅広い年代層です。

これからステップアップをしていく中で、このような大会を踏み台にしてくれることにこそ、本来の目標を置いての開催ですからね。
ラジコン人口が減少しているといわれる中で、特にメジャーとは言えないアクロ界の裾野を広げることが最大の目標な訳ですから。
来年はMAXの15人を目指して再度募集しますよ。(もちろん私も出ます。ムムム?私も裾野の一部です)

さて前置きはこのくらいで、、、エキスパートです。

全ての選手の飛びを逐一見ていたわけではないので、偏ったコメントになってしまうことがあるかもしれませんことを御容赦ください。
また、大先輩や大御所の方たちに対して、自分では出来もしないのに偉そうな言い方になってしまうことがあるかもしれません。そのあたりは何卒お許しくださいますようお願いしますね。

もちろん注目は、デイフェンデイングチャンプのJUNちゃんとその座を狙うとーる君とコッシーの三つ巴。
さらに現役復帰組?のコニーさん、トルクローラー、大御所の中條さん、ルデイさん、マントさんがどう絡んでくるか。
さらにさらにひばり軍団と、世界を経験したBOO山さんがどの位置に?果たしておのピーは?

というような勢力図になっております。

出走1番くじはルデイさんです。知る人ぞ知る、ラジコン界の大御所です。前日の練習から会場の雰囲気を盛り上げてくれました。今回初めてお会いしましたが、ホント、楽しい方です。ありがとうございました。

2番出走は中條さん、見慣れた150ccグリーンSBACH。私としてはこの優雅なスローテンポの曲に乗せた中條さんの飛びが一番しっくりきますね。しかし、もう少し派手目な演技構成が無いとこのレベルでは苦しいのかもです。さらにナイフエッジスピンの入りをミス。点が伸びません。

3番はひばり軍団から嘉藤さん。見栄えのする派手な演技が売りです。飛ばし込んでますね。難を言えばもう少し丁寧なつなぎが必要かなと思いました。

4番は同じくひばりから小澤さん。さすがの飛びです。しかし、辛目のジャッジが目を光らせてますのでナイフエッジスピンで痛恨の0点。惜しいです。

5番はアクロ界を牽引するマントさん。さすがにまとめ上げて高得点をたたき出しました。しかし、何がどうしたのか?演技終了して着陸。接地寸前でまさかの失速。脚がもげてしまいました。競技会には魔物がチョコチョコ顔を出すってパターンですね。残念!!!

6番はEXFCから凱旋帰国したばかりのデイフェンデイングチャンプ、JUNちゃん。会場にいた全員がその一挙手一投足に注目します。そんなプレッシャーの中でもさすがの飛びを披露して、一人130点台をたたき出しました。演技総合もただ一人両ジャッジとも40点を付けています。

7番は我らがコッシー。(エキスパートでは唯一プレシャス製の機体での出場。贔屓目な紹介になるのは許してね)
50ccという小さい排気量と、複葉機というハンデともいえる状況をものともせずに目を見張る演技を繰り返します。前日の練習ではキルスイッチの不調で通し練習が出来ていません。その鬱憤も吹き飛ばすような見事な演技でした。

しかし、、、
果敢に攻めて、誰もが息をのむような体勢で低空へ。そこで痛恨のミス。機体は再び上昇することなく背面状態で地面にキッス。ここにも魔物が顔を出してしまいました。(怪物ビーストも魔物には勝てなかった、、、)

「江原さん、機体のせいじゃありません。僕のミスです。」
と。普段は感情をあまり表に出さないコッシーにしては珍しく、悔しさを表情に出してました。

いやいや、コッシー、この機体で勝ちを狙うと言ってくれた時点でこの機体のポテンシャルの高さを認めてくれたと解釈しているし、十分、性能の良さをアピールしてくれたと感謝してますよ。
心配なのは2ラウンド目に精神的なダメージが残らないかって言うことです。

続いて8番はBIG MOTEGIの顔、おのピーさん。今回はつばさ君とのダブルエントリーでご自分の事にどこまで気が回るか???
演技構成は無難にまとめましたが、規定演技での点数が伸びません。やはりつばさ君にかかりっきり感がぬぐえません。でも、このメンバーの中で飛ばし切ることだけでも十分評価に値しますよ。しかも他にも色々とお気遣いいただいちゃって。さすがです。

9番はここ数年裏方として世界に選手を送り出し続けるコニーさん。久々の現役復帰です。通常は業務に負われ練習時間はほとんど取れない状況でしょう。ホント、参加してくれたことだけで大感謝です。しかも多くのお仲間を連れて来てくださり大会に一層の花を添えていただきました。
飛びも練習不足なんて何のその、結構いけるじゃありませんか。でも、規定演技を1個抜かして痛恨の0点を喰らってしまいました。ジャッジの目は厳しい!!!

10番はこれまた会場全体が注目のトルクローラーです。曲は今まで中條さんが使っていたTime to say good bye。
ゆったりした曲に乗せて空に吸い込まれていくような上昇からスタートしていきました。
そして中盤、これぞその名の通り、見事なトルクロールを披露してくれました。誰しもがこれに憧れ、今や大勢の方がトルクロールはこなしますが、やはり本家本元。会場中が拍手を送ります。演技構成はさすがに高得点でしたがやはり練習不足は否めないのか、規定演技がいまひとつ伸びませんでした。

11番は昨年、スーパールーキーとして華々しくデビューしてくれたとーる君です。大学生になってどこまで円熟してきたか?
非常に難易度の高い技を繰り入れ、テクニックを見せつけてくれます。これは絶対に我々オヤジとは脳みそのCPUが違うって感じですかね。圧巻の飛びでした。
しかし、ジャッジは我々のような素人目ではなくきっちりと採点を。JUNちゃんに4点差という僅差で追いすがりました。

トリの12番は世界にその名を知らしめたBOO山さん。(減量に成功されもうBOOとは言えないスリムになってましたよ)
前日のトラブルがうそのよう。さすがの飛びを見せつけてくれました。しかし、大会寸前に本番機を失い、この機体は借り物だそう、攻め切れなかったのかな?点数は伸び悩みました。

結構色々とハプニングがあった1ラウンド目でした。
さて、午後からの2ラウンド目はどのような展開に???

JUNちゃんは逃げ切れるのか???
とーる君はどこまで攻めてくるか???
果たしてコッシーは???
マントさんの機体は???
はたまた、ダークホースは現れるのか???

2ラウンド目に続く。









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール
ラジコン飛行機専門ショップ  Precious Modelです。    「良い物をお手頃で」をモットーに全国のサンデーフライヤーの心強いパートナーになれるようがんばります。

preciousmodel

Author:preciousmodel
みんなでアクロ三昧!楽しみましょう!

ショップ入り口
バナーをクリック
ショップ営業日カレンダー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンヘリ・飛行機へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新トラックバック