FC2ブログ

2018 Tucson Aerobatic Shootout 締め

さて、残すは日曜日のインビテーショナル決勝2ラウンドとフリースタイルの2ラウンドのみ。

ユーヘイ、頑張れ。
CIMG5300-1.jpg
FB_IMG_1540230452302-1.jpg

前日まではチーム日本団長のコニーがずっと助手を務めてきましたが、この日はレジェンドマントが助手を努めて、最強タッグで臨みます。
フリースタイルの助手はなんでか?私が努めてきました。前日土曜日から早山君も来ていたので交代しようと思いきや、出番前にどっかに行っちゃってそのまま私が最後まで努めました。

まあ、フリーの助手なんて始めのミュージックスタートの上げた手をグルグルするのと、演技開始でその手を下ろすくらいしか仕事はありません。その後はただただユーヘイの演技に(迫り来る120ccの機体の恐怖に)耐え忍ぶだけです。
でも、最終日にはよほど慣れて、手をバタバタと広げて観客にアピールするくらい余裕が出ました。

ファイナルなんかでは、ユーヘイの演技に魅了されちゃって、一番近くでただの観客と化し、ユーヘイに着陸時に
「江原さん、危ないよ!」
と、戒められる始末でした。(ちゃんちゃん)

会場を一番盛り上げてたのは間違いなくユーヘイのフリーだったと思います。

そして全ての演技が終了し、表彰式の準備になる頃、突然のスコール。半端じゃない降り。これで全てを水に流す?というわけではないでしょうが、なんか締めにふさわしい雨とでも言うのでしょうか?

そして表彰式が始まる頃にはすっかり上がって、表彰式です。

スポーツマンから順に始まり、アンリミテッド。さてどうなったか?

マントさん、順位をひとつ上げて4位でフィニッシュでした。パチパチパチ。

こうなると初日の不調と、最終ラウンドでの空中爆発が悔やまれますが、本人はこれで表彰台が見えてきたとまだまだやる気十分です。
いやあ、本当に表彰台が見えてきましたね。
来年また行われるかは今のところ分かりませんが、今年の優勝者は次回からはインビテーショナルに格上げですし、また新たな兵が上がってくるかもしれませんが、マントさん、新に闘志を燃やしてますよ。

そしてユーヘイは、インビテーショナル8位、フリーは7位でフィニッシュ。
何度も言ってしまいますが、あのそうそうたるメンバーの中で堂々の8位です。あの雰囲気の中で何ものにも動じないユーヘイのメンタルの強さにもびっくりです。

私がインビテーショナルの演技にどうこう言うのはおこがましいのですが、面の出し方はユーヘイが参加選手の中で1番決まっていたと思います。演技の正確さも決して引けは取っていませんでした。
何が差となるのか???

実機感なのかな???

確かに優勝したブルックマンのフライトはまるで実機かと思うような演技が満載で、スナップなんかは「!!!」っという驚きが出るくらいアクションが入ってて見る者を引き付けます。

同じくフリーもブルックマンの演技は派手さは無いものの、音楽にぴったりマッチして、まるでフィギュアスケートの演技を見ているようなヨーロピアンスタイルで、観客を魅了していたと思います。

派手さでいえば、ユーヘイがチャンピオンです。
まあ、フリーはお祭りと、盛り上げるが勝ちと割り切ればキムなんかが一番だったのかな?(今年もお約束でクラッシュさせました)

フリーでは3機だったかな?全損も含めてクラッシュしました。
20181020_161018-1.jpg


そんで二人ともDA70を手にしました。
20181021_163700-1.jpg

後は有名どころと写真を撮って
2018-10-21 121256-1
20181021_152850-1.jpg
20181021_165053-1.jpg
そして、閉会式の最後には恒例のボートレースという名のビール一気飲み大会が、アメリカ選手VS世界選抜の体で行われました。
私もユーヘイと一緒に今回唯一選手として参加。1番選手のニュージーランドのビール親父がことのほか吟味しながら飲んでくれて出遅れます。
前のユーヘイは私もびっくりするほど速く飲み、私もそれなりには頑張ったのですが、アメリカの勝ち。
その模様はこちらで
BoatRace2018

長い長い1週間が終わりました。

終了後はすぐさまDA本社に戻って、機体の梱包、ピザを手に手に終了させて、ホテルに戻り、残ったビールを平らげて就寝。
すぐに起床してAM3時半にチェックアウト。空港に向かいます。

1540299691440-1.jpg
示し合わせたわけではなく偶然にペアルックとなりました。(笑)

そんで、
FB_IMG_1540231708923-1.jpg
さらば、TUCSONよ。

帰国後、時差ボケも消えてあらためて鑑みると、本当に貴重な体験だったなと思います。

話には聞いていましたが、聞くと見るでは大違い。
しかもただの観客としてではなく、スタッフとして、メカニックとして、コーラーとして、選手の一番身近で参加できたことが本当に貴重な体験でした。
10時間以上もかけてアメリカくんだりまで行って、観光のかの字も無しで帰って来たのですが、何にも替え難い体験が出来ました。
この貴重な体験が何に生かせるのかは今のところ分かりませんが、この世界を知ってしまった今は以前とは考え方も何処か変わったのかもしれませんね。

マントさんに、ファイナル終了後の車の中で、
「江原さん、また来る?」
と聞かれました。
私は
「その時、マントさんが僕を必要と思ってくれるなら、来ますよ。」
と答えました。

なんか、自己満足で感傷に浸っておりますが、このやり取りが今回の全てだったような気がします。

また、競技期間中に全IMACの総元締め、元プレジデントのウェインさんが日本チームのところにやってきて、私に
「You are Very Good Caller! Very Good!」
と言ってくれました。
それを聞いてたマントさんからも
「世界のコーラーだね。」
などと持ち上げられましたが、本当に嬉しかったです。

最後に、この場を借りて、今回貴重なチャンスを与えてくれたマントさん、団長の小西さん、身の回りのことを親身に手伝ってくれたMIHOちゃん、DFAマレーシアの伊藤さん、アテンドしてくれた高村さん、DFAスタッフの皆さん、応援に駆けつけてくれた早山君、
そして、全ての面でバックアップをしてくれたDesert Aircraft社のデイブさん始めスタッフの皆さんに
心から感謝を申し上げます。
「貴重な体験をありがとうございました。」
また、FBを通じて日本からもたくさんの方に応援のメッセージをいただきました。重ねて御礼申し上げます。

参加していた機体の画像など、写真をONE DRIVEに上げてあります。
興味のある方はこちらをご覧くださいね。
2018 TucsonAerobaticShootout

さて、12月の1日2日は日本でのIMAC最終戦が行われます。
ジャッジとしてはもちろんですが、今回は私も選手でスポーツマンクラスにチャレンジです。

世界を知ったからといって、飛ばす腕が上がることはありませんが(笑)頑張ろうと思います。
とはいえ、11月はこちら会津は天候が不順だし、衣料品の特別販売会もあったりで、なかなか練習出来ません。(と、もう言い訳し始めてるし)

数回に渡り私の拙い文章をお読みくださりありがとうございました。

では。




スポンサーサイト
プロフィール
ラジコン飛行機専門ショップ  Precious Modelです。    「良い物をお手頃で」をモットーに全国のサンデーフライヤーの心強いパートナーになれるようがんばります。

preciousmodel

Author:preciousmodel
みんなでアクロ三昧!楽しみましょう!

ショップ入り口
バナーをクリック
ショップ営業日カレンダー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンヘリ・飛行機へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新トラックバック