FC2ブログ

SBACH342 100cc製作開始

この土日は本業のイベント(社内販売会)があり、その準備で先週は何も出来ず。まあ、お客様もたくさん来られて売り上げも前年を上回ることが出来たので良しとしましょう。
昨日はその後片付け。埼玉本社まで商品かついで(と言ってもプレシャストラックでね)行ってきました。
1日で往復するのは厳しい歳になってきました。片道290kmですからね。夜、ベッドに入ってもまだ揺れてる感じがして寝付けませんでした。

何はともあれ、これでBIG MOTEGIに向けて全力で準備を始められます。

まずは今年の出場機、以前から告知していたSBACH342の100ccを組み始めます。

いまや、もう飽きるほど出回ってしまいましたが、あくまでも他社さんの話。
プレシャスSBACHの100ccはまだ数えるほどしか出ていません。(数えるほどしか入荷もないしね)

まずは取り出し。
003_20120626155758.jpg
004_20120626155815.jpg

やっぱでかいね。陸に上がったマグロみたいです。
さっきまでお客様の30ccを出荷準備してたから、尚更でっかく感じます。

001_20120626155942.jpg

主翼のフィルムにアイロンがけして皺を取り、内部のプランク、スパー、前縁部等に低粘度瞬間を流し、補強します。ケチらずたっぷりと流します。
ARFのキットは当然、フィルム貼った後ですから目で見ての確認は限界があります。
ここは長年の勘をフルに働かせてしっかりと流し込みます。今のキットは必要無いほど出来も良いですが、100%の保証は出来ません(メーカー側の人間としてはお恥ずかしい話なんですが)ので、保険のつもりでしっかりと補強します。

胴体の胴枠周りや、継ぎ目にも同じく瞬間を流します。これも保険みたいなものですね。
005_20120626160936.jpg
006_20120626161022.jpg

おお、しっかりとしたマフラー室。
こうなるとチューンド入れたくなりますね。
エンジンは以前YAK54 100ccに積んでたDLE111を載せるつもりです。
でも、一部の方から
「DLE111をチューンドで回すと、回り過ぎて早死にするよ。」
とも言われてますし、どうしようかな?
KATANAは早々にキャニスターに取り替えちゃいました。初飛行で嫌な感じもしましたので。
音の事考えると、最低でもキャニスターは入れないとね。

情けない話なんですが、どなたかDLE111をチューンド仕様で使われてる方、ご助言をいただけませんか?
自分のショップで扱ってもいる商品なんですが、なんとも情報が少ないのでDLEユーザーでこのブログ読んで下さってる方がいらっしゃればお願いしますね。

うううん。どうしよう。とりあえず保留で進めようかな。

今日はここまでです。






スポンサーサイト
プロフィール
ラジコン飛行機専門ショップ  Precious Modelです。    「良い物をお手頃で」をモットーに全国のサンデーフライヤーの心強いパートナーになれるようがんばります。

preciousmodel

Author:preciousmodel
みんなでアクロ三昧!楽しみましょう!

ショップ入り口
バナーをクリック
ショップ営業日カレンダー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンヘリ・飛行機へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新トラックバック