FC2ブログ

メーカー訪問

今週から本業の方も何とか平常に戻りつつあります。
佐川便もクロネコ便も集荷時間が若干早くなってますが、何とか通常業務が出来ています。

それにしても福島原発、どうにかならないんでしょうか?と言っても、はじまらないのは理解してるんですが、それでもやっぱり早く安全を確定していただきたいものです。
今回のこの事故で福島県は多大な被害が出ています。地震による直接被害も甚大なものですが、原発関連による今後の風評被害がもっとも懸念されるところです。
先日、新聞に、東京のギャル達が「福島県の人達とか、分かるように福島って書いてあるゼッケンとか着けて欲しいよね~。」とほざいたとか。
こんな連中がいると思うだけで、気分が悪くなり、将来の日本はどうなってしまうんだろうと心配になりますね。
まあ、そんな人間はごく一部で、大半の人はそうでないと思いたいものです。でも、実際食品を購入しようとなると、福島県産ってなってるだけで買うのをやめてしまう人は多いんだろうなあ。

さて、時間がかなりたってしまいましたが地震の起きた11日から中国のメーカーにお邪魔したときのことをレポートしようと思います。

行ったり来たりのことは前述しましたので、メーカーさんのことのみで。

今回お邪魔したのはLINK MODELという、独立創業して3年ほどの新進メーカーです。
社長はまだ若く32歳。今まで某有名工場で設計主任を務めていたという経歴の持ち主です。
いま、中国ではこうした若い人達の独立が目立ちます。
技術と知識を持ってしまえば後は独立して、がんがん稼ごうと。資金は後からついてくるものらしいですね。
失敗する例も多いようですが、この工場はどうかな???

そこに私の現在の主要取引先の窓口担当だった陸さんと言う女性がこの社長と結婚し、昨年ぐらいから一度見に来て欲しいとオファーがあったのでした。
これまではOEMを主体に、アメリカ、ドイツ、イタリアなどに輸出をしていたとのこと。
昨年後半からオリジナルのブランドを立ち上げ、在庫販売に臨みだしたとのことです。

朝、紹介してくれたホテルは朝食がついていなかったので社長夫妻が迎えに来てくれて一緒に朝食。
陸さんとも久々の再会だったので、色々と近況報告をしあいました。今回私は春休み中の息子君を連れて行きましたので、そんな子供のことも話題になりました。陸さん、このとき妊娠10ヶ月目に入ったところ。臨月にも拘らず私たちの訪問を快く受け入れてくれたのでした。この機会を逃すと6月まで陸さんが業務復帰できないので無理をきいていただきました。
(なんと帰国後バタバタしてるときにメールをいただき、15日には無事に男児を出産されたそうです。本当にギリギリだったんですね。心よりお祝い申し上げます。)

工場は今回お邪魔したサンプル製作工場と量産工場の2箇所を持ってるそうです。量産工場の方は土曜日と言うことも有り、またOEM先からの要望で立ち入りが制限されてしまってるそうです。私もオーダー入れれば見れるとのこと。(なんとなく残念。まあ、しっかり管理してると思いましょう。)

製品ラインナップはお決まりのSBACH、MX2、EXTRA、YAK、はもちろん、MXS-Rも揃っています。
今回先行サンプルでSBACH342の30ccを送ってもらってましたので、その機体の気になった点をいくつか進言し、今後の生産に生かしていただくように話をしました。

こちらの工場は商品開発、サンプル製作、及び小ロット生産を行っています。
2010-09-16 003
2010-09-16 004

ラインに流れていたのは、EDFのジェット機とカルマートコピーの練習機、SBACHの30ccでした。

2010-09-16 005

これが無いと今や工場は成し得ませんのレーザーカッター。
2010-09-16 007

これは、バルサの等級分け表
2010-09-16 008
これを工場に貼ってあるというのは今後、大いに期待が持てます。
要するに、使う部位、目的によってしっかりと区分けし、管理されてると言うこと。
また、不良部材や品質の悪い物は使わないということの証でもあります。

「おお、期待できるじゃん。社長、しっかり管理してよ。」

話していくうち、なかなか堅実な考えを持ち、大盤振る舞いすることなく着実に実績を積み上げてきてるようです。すぐに大風呂敷広げる輩が多いのですが、これは信用しても大丈夫なようですね。
私の通訳の周君も「しっかりしてると思います。大丈夫でしょう。」と。この周君は同じ中国人に対しても、私の意図するところを的確に読み取ってくれますので大いに助かってます。

工場を見ながらあれやこれやと話しているうちあっという間にお昼が過ぎましたが、今開発中の機体について話が出るともう、時間などは忘れてしまいます。
その機体とは、言っちゃおうかな???楽しみに取っておこうかな???

なんて気を持たせておいて、、、

まずは写真を

6dccdba2b44f36f329b999169837bb28.jpg

RED BULLファンの方はお気付きですね。
そう、日本でも馴染みの多いピーター べゼネイの乗機、RACER540です。

もう少し写真を(全て実機です)
53f134681a0876ab0d7fd699c97bc0e1.jpg
b343de4cbb48250168c9c28d81af6b04.jpg
この2枚の写真、若干違いがあるの気が付きました???
そう、尾輪の形状が違うんです。
上の写真は通常と言うかノーマルの物。下はフルカウルで覆ってあります。
これを再現したいのだが、良い方法が思いつかないと言ってました。
そこで参考になるかどうかコンポジット機なんかで使われてるヒンジの構造などを紹介したり、ああだこうだと検討してるうちに早、2時に近くなりました。
とにかく量産1号サンプルは私に送ってくれと頼み、昼食に。

その後、土曜日と言うことで近くに現地マニアの集まる飛行場があると言うので見学させていただくことになりました。日本では考えられない世界がそこにはあったのです。

続く。
スポンサーサイト
プロフィール
ラジコン飛行機専門ショップ  Precious Modelです。    「良い物をお手頃で」をモットーに全国のサンデーフライヤーの心強いパートナーになれるようがんばります。

preciousmodel

Author:preciousmodel
みんなでアクロ三昧!楽しみましょう!

ショップ入り口
バナーをクリック
ショップ営業日カレンダー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンヘリ・飛行機へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新トラックバック