次期リハビリ機?

さて、今週は月曜日 火曜日と電気設備の入れ替えでお店にはいたものの商売にはならず、お休みしてました。
火曜日は飛ばしに行っちゃおうかなってな天気でしたが、電気屋さんから10時頃行きますだの、13時から検査がありますだのと結局行けず。まあ、仕方ないよね。

表題に書いた次期リハビリ機ですが、結構長いこと在庫になっていたフライト社のSLICK60cc。何気に機体のチェックをあらためてしてみると、なんとカウルの上面の左右に塗装の割れを発見してしまいました。

「なんと???入荷検品時には無かったはずなのに!!!」
店舗改装時に移動したりした時に何かの拍子に押されてしまった模様です。
お値引き品として売ろうかとも思いましたが、
「そうだ!電動からいきなり120ccEDGE君でもなんだから、自分用にセットアップしちゃえ!」
ってことで組み始めました。
カウルのひび割れも裏から瞬間で補修して、表はサンデイング、パテ埋めサンデイング、そして黒だけでしたので柄の部分をマスキングして塗装しました。

工程はありきたりのARFですし、面白みも無いので省略しますね。

で、完成。(はや!!!)
CIMG5188.jpg
CIMG5186.jpg
CIMG5185.jpg
CIMG5184.jpg

エンジンはノーマルにDA60キャニスター仕様で、サーボは手持ちの物を流用しました。
CIMG5182.jpg


エンジンカウルの中に少しだけ冷却を考えてバッフルらしき物を接着してあります。
CIMG5180.jpg

中身はこんな感じ。
CIMG5181.jpg
重心に合わせてバッテリー位置もバッチリ。

5月に入ったら、こいつで練習開始しようっと。

で、今回何気に製作に入りましたが、これからは
「受信機載せればすぐに飛ぶ。」
っていうシリーズで少し完成品を製作して在庫していこうかなと思っています。
たまに、
「昨日壊しちゃったんだけど、すぐに飛ぶのない???」
って問い合わせがあるんですよね。
今までは
「最低でも2週間くらい時間ください。」
って感じだったけど、
「これがありまっせ。」
って応えられるじゃない!

まずは30ccクラスかな?そんでモーターの再入荷があったら70電動かな?
機体は何にしましょうか?

楽しみ楽しみ!!!

では、また。



スポンサーサイト

WILGAリベンジフライト

あの苦い思いをした日からずっと、ウィルガちゃんの修理、重心位置の補正を行ってまいりました。

無残にももげた脚は思ったよりも単純な壊れ方でしたので、壊れたベニアをきれいに切り取り、そこに新たなベニアを切り出して埋め込み取り付け部の平坦を出して、強度は新たに1枚ベニアを上に貼り足して持たせました。
CIMG5170.jpg

CIMG5171.jpg

CIMG5173.jpg

そして胴体下面は元々一体プランクされており、脚取り付けボルト用の穴が左右に3個づつ開いていました。
そこをハッチ式に変更して作業をしやすく改造です。しかし、同じスカイブルーのフィルムが無く、とりあえず同系色のネイビーで誤魔化しました。(誤魔化されて無いけどね)まあ、良しとしておきます。

そして肝心なエンジン位置を前方にする過程です。
手持ちの6mmベニアを3枚積層してマウントを作り、18mm前になるよう設置します。
CIMG5175.jpg

なんとかカウルの取り付けもおかしくない範囲でおさまりました。

CIMG5177.jpg

これで全備して重心位置がカンザシ中心くらいになりましたので、これでリベンジフライトに臨みます。

で、今週火曜日はお店はお休みだし、天気も良いしで絶好のフライト日和になりました。
いつもの火曜日組の皆さんがいらっしゃるかと思いきや、午前中はY口さんと2人のみ、夕方近くにI藤さんとI嵐さんがいらしたけど、リベンジフライトの時は一人きりでした。

重心位置は適正範囲に来たし、まあ、大丈夫だろうとエンジン始動しフライトです。
順調に離陸と思いきや、またしても頭上げ。
でも、今回はトリムが取れる範囲内でしたのでほっと、一安心。
まだ、前が軽いか、、、、、

でも、飛ぶ姿は優雅で、SAITO FG30Bの4ストサウンドと相まってなんとも良い感じです。

そこでフラップの調整です。
中間とフルフラップどちらもダウンミキシングが足りませんね。エルロン方向にも少しとられる感じです。

一度着陸させます。

そして、フラップのニュートラルも主翼下面フラットよりも若干アップ気味にセットし、左右のバランスも調整し、ダウンミキシングも多めにしました。
今度は良い感じで安定して離陸していきました。
フラップミキシングも良い感じ。フルフラップでスローローパスも決まります。(あまり低くには降ろせないけどね、わははは)

フラップ利かせて着陸も良い感じでブレーキかかって実機感がありますね。

楽しい飛行機です。なんとも飛ばしていてノスタルジックを感じるというか、自分が実際に乗って操縦している感があるというか、、、

そんで、やっと記念撮影。
20180410_134900.jpg

さて、あとはバラスト載っけるかバッテリーを防火壁に載せるか。
無駄にバラスト積むよりもイグニッションバッテリーを少し大きなものに変えて防火壁に取り付けます。
CIMG5179.jpg
そしてイグニッションバッテリーを積んでたところに受信機用バッテリーを積んで終了。

さて、どうなりますか?次のフライトが楽しみですネエ。

って、IMACの選手復帰はどうなってるって?

はい、少しづつ電動LASER君でリハビリ開始してますよ。でも、インターミデイは厳しいかも、、、
ノウンは覚えられても、次の6月大会はアンノウンもあるみたいだし、、、インターミデイのアンノウン、また難しくなるし、、、

とりあえず基本に戻るつもりでスポーツマン出場を目標に練習していきます。
この件に関してのクレームは一切受け付けませんのであしからず。(わははは)

では。

2018 IMAC 1st そして、、、

1週間ほどずれ込んでのレポート、お許しください。あっという間に4月ですもんね。早い早い。

3月25日にIMAC 1stに行ってまいりました。

今回は選手としてではなく、ジャッジとしての参加です。皆から、「選手は引退か?」などとおちょくられましたが、そうではありません。昨年はいろいろとあって練習も出来ませんでしたが、今年は練習してまた、選手としても返り咲きを果たしたいなと思ってますよ。

さて、私はジャッジの練習というか講習というか、前日入りして練習飛行をしている方々を見ながらマントさんにジャッジのポイントなどを教えていただき、翌日に臨みます。
とはいえ何にも飛行機持っていかないのも寂しいから、先日初飛行したLASER260 70EP君をお供に連れて行き、練習の方々の合間にちょっとだけフライトさせていただきました。
でも、今回持っていって良かった。

こまっちゃんの愛息 翼君の本番機に抜擢されて、見事合格しましたよ。img_13.jpg
パチパチパチ!!!

ジャッジの方法も昨年まではジャッジが自分でジャッジペーパーに演技ごとの点数を書き入れてました。
そうするとどうしても機体から目を離してしまう時間が出来ます。それを今年からはジャッジ棒なる新兵器を取り入れ、ジャッジは常に機体から目を離すことなく集中して演技を見つめることが出来ます。
そしてひとつの演技終了のコールで、隣にクラス違いの選手の方に書記として座ってもらいジャッジ棒の点数を書き止めてもらうっていう訳です。

ベーシックから始まり、午後にはアドバンスのクラスまでをジャッジさせていただきました。
初めのうちは演技の上下の長さや、始まりと終わりの高さなど見落とす部分もあり、ベテランジャッジの方に比べるとまだまだ甘い点もあったかと反省しておりますが、なんとか1日を過ごすことが出来ました。
いやあ、1日集中して空を、いや演技を見つめるっていうのも疲れるもんですね。
さらに修練を重ねて良いジャッジが出来るように頑張ります。(あ、選手としても頑張ります。)

参加された選手の皆様、大会を切り盛りしていただいたスタッフの皆様、お疲れ様でした。


そして、日は過ぎ31日の土曜日に、WILGAちゃんの初飛行をしてきました。
山形のお客様が同じ機体をご購入され、制作上の質問点等を聞きたいとのことでタイミングを合わせて私の機体の初飛行となったわけです。

が、、、

残念ながら無事にとはなりませんでした。(涙 涙 涙)

まずは重心位置です。メーカー指定では主翼前縁から90mmとなっており、私の機体はSAITO FG30B搭載で主翼前縁から95mmほどでした。まあ、指定よりも若干後だけどなんとかなるだろと楽観視したのが大きな間違いでした。

エンジンは快調で引きも申し分ありません。

しかし、離陸した途端に頭上げ。ダウンでしのぎ騙しながら上空へ。
ダウントリム一杯でも追いつきません。エンコンを中スローほどにして、ダウンを打ちながら、エルロンのトリム合わせ。
その後、すぐに緊急着陸します。
いやあ、ダウン打ちながらの着陸って難しいですね。久々に冷汗もんでした。(っていつも飛ばすたびに冷汗じゃん!)

で、タッチダウン寸前に体制崩して右脚から接地。脚取り付け部から逝ってしまいました。
で、今のWILGAちゃん。
CIMG5169.jpg
痛々しいけど、綺麗に修理してまた再チャレンジしようね。

見にいらしていたお客様にも、恥ずかしいやら、情けないやら。
でも、まだまだこれからの製作中なので、十分に参考にしていただき、あらかじめ対応策を講じていただくことにはなったかと。

まずはエンジン搭載を前に持っていきます。6mmベニアの3枚積層でマウントを作り、18mm前にします。
カウルが合わなくなるだろうけど、そこは現物合わせで何とかしようと思っています。
それで間に合わない時はイグニッションバッテリーを大型にして防火壁に直接搭載するつもりです。
重心位置はカンザシ中心よりも前が目標です。

クラークYの翼型、典型的な高翼機。そして何よりこの機体はスケール機であること。
気を付けねばならない点は、アクロ機よりも多かったはずですね。反省しております。

損傷がそこだけで済んだことが本当に不幸中の幸いでした。

FG33 R3など多気筒エンジンだと重心位置合わせはもっと楽になると思います。

この機体をお考えの皆様、是非参考にしてみてください。
わずかでしたが水平飛行中の姿は美しかったですし、重心位置さえ修正出来ればきっと優雅な素晴らしい飛びを見せてくれるに違いないと思っています。

リベンジフライトの様子はまた、後日。

では。





初飛行

18日の日曜日は、クラブ員の方から頼まれた物の納品を兼ねてというか、自分でも居ても立ってもいられず、半ば強引に自分に理由をつけて飛行場に行ってしまいました。
もちろん目的はこれの初飛行です。
20180318_123141.jpg

エアロプラス LASER260 70EPです。

積んでるモーターはEXTREAM TORQUE4016T/500 ESCは80A 6セル仕様
このモーター噂には聞いていましたが、実際に自分で使用するのは初めてだったんで早くテストしたかったんです。
でも、今年は積雪が早く量も多いし、いつになったら飛行場使えるのかな~って首が長くなっていました。

ここ1週間ほど春のような陽気が続き、一気に雪解け。別名 飛行場管理人さんからもOKとの通達が金曜日には出回っていました。

で、とりあえずリポ2本のみ充電して持っていきました。

状況確認して、まずは離陸。
おお、素晴らしいパワーですね。なるほど水平飛行は中スローくらいで十分です。
上昇も、気持ち良い。どこまでも引いていってくれる感じ。
普通に飛ばすなら5セルでも十分な感じです。

トリム合わせと、モーターの慣らしも兼ねて1フライト目は軽く終了。

少しして2フライト目。
今度は癖を見ます。ナイフエッジでロール方向に寝癖かな。そして若干のダウン。これは想定内ですね。
修正は今度ゆっくり煮詰めましょう。

気持ちよく飛ばして6分。着陸させるとバッテリー残が60%。5200mAを積んでたんですが、もう少し容量少なくても十分ですね。

そして記念撮影
20180318_123124.jpg
20180318_123132.jpg
カラーリングはEDGE君でもお馴染みの非対称カラーです。
これともう2色
ae7e_20180321145351400.jpg
s9x5_20180321145355c3b.jpg
が、ありますよ。

1年間、まるっとろくに飛ばせないでおりましたから、リハビリにもってこいです。
久々に飛ばして、指がプルプルしてましたがやっぱり、ラジコン飛行機は楽しいですね。
また、その楽しさを増幅させてくれる機体に出会えたような気がします。おすすめですよ。(笑)

今週末IMACに行きますので、その時に6セルリポを2本ばかし調達してきましょうかね。

これで少し感覚を取り戻して、5月大会からは選手復帰できるかな?

まあ、ぼちぼちやりましょうね。

っということで、今週末24日(土)25日(日)は2018 IMAC初戦に参加のため臨時休業とさせていただきます。
ご理解のほどをよろしくお願いいたします。






DAエンジン修理講習

少し遅くなってしまいました。
年度末で行政区長なんて仰せつかっちゃってるもんだから何かと呼び出しやら、会合やらと多く、しかも駆け込みで補助金の申請なんかもあったりしてアップできないでいました。(と、言い訳をしておきます)

6日にRC DEPOTさんに出向いてDAエンジンのリペア講習を受けてきました。
いきなりお客様のエンジンを題材にするわけにもいかないし、何も対象が無いと講習にならないと考えて、自前のDA150を持っていきました。
もう6年前に購入したエンジンですが、コニーさん曰く「修理講習の題材としてはうってつけ。」とのことで、丸森さんの指導の下、まずは全てをバラバラにしました。
まあ、言うても2ストガソリンエンジン、そうは構造的にも複雑なものではありません。しかし、バラしていくにも細心の注意を払って交換の必要のあるパーツ以外に傷つけたりしないように慎重に事を進めます。
特にこのDAエンジンはその精度を高める為にバラすにも組み立てるにもコツとポイントがあります。
そこを今回は特別に伝授していただくわけです。

企業秘密?なのでここでは詳しく書くことは避けますが、とにかく触れば触るほど今まで扱ってきたチャイナエンジンが稚拙な物に感じられてきました。
しかも未だに日々進化を考えて商品開発にも手を抜いていないということも感じられましたね。

で、無事に組み立て終えて、試験運転も終了して満足顔のプレシャスです。
28576064_846965605476596_976799088001690567_n.jpg

アメリカ本国以外で修理を認められてるのは3カ国のみとの事。
その中にもちろんRC DEPOTさんは入られてるわけですが、不肖私めもその役の一端を担う事になり、責任を感じながらも、一員になれたことを喜ばしく思っております。

コニーさん、丸森さん。お忙しい中、一日講習にお付き合いいただいて本当にありがとうございました。
これで全てが出来るわけではないかとは思いますが、これからもご教授くださいますようお願いいたします。

まだまだコニーさんや丸森さんのようにチャっチャッとやるわけにはいきませんが、そこは時間をかけても丁寧な作業をお約束いたします。

でも、さあ、帰って来てすぐに修理開始とはなりません。最低限の機械、工具などは揃えなければいけません。
一部ですが私の本気度を表現する為にアップしますね。

まずはベアリング抜きには欠かせないプレス
CIMG5160.jpg

キャブの掃除に不可欠なケルヒャー。吹き出し口にちょっと加工を施してさらに高圧がかかるようにしてあります。
CIMG5161.jpg

ベアリングの組み込みに必要なヒーター
CIMG5162.jpg

火傷しないように溶接用手袋
CIMG5163.jpg

ハブの取り外しやベアリングを外す為の工具
CIMG5164.jpg

まだ、足りない物がありますが仲間のこまっちゃんにお願いして作ってもらってます。

いきなり、ハイどうぞ!って修理依頼をかけるのもちょっとなあ、、、という方も多いかとは思いますが、そこはきちんと、もし手に負えないような状況が見えましたら、すぐに本店に応援を願い対応することにしますので、
まずはご依頼くださいね。
基本、DEPOTさんでの修理も同様ですが、お客様からいただくのは交換必要なパーツ代のみで修理工賃はいただきません。

おうちに古いDAエンジン眠っていませんか?
よっぽどでない限り生き返りますよ。(よっぽどとは新品買った方が安い場合とかですな)

よろしくお願いいたします。




プロフィール
ラジコン飛行機専門ショップ  Precious Modelです。    「良い物をお手頃で」をモットーに全国のサンデーフライヤーの心強いパートナーになれるようがんばります。

preciousmodel

Author:preciousmodel
みんなでアクロ三昧!楽しみましょう!

ショップ入り口
バナーをクリック
ショップ営業日カレンダー
最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンヘリ・飛行機へ
にほんブログ村
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
最新トラックバック